ELITE DIRETO 開封の儀

ELITEのスマートトレーナーDIRETOが返ってきました。

買ったのは2017年11月でそれからずっと使ってましたが、
先月(4月)に自動負荷が効かなくなってしまい、修理に出していました。
新品交換となったようです。
買った時に記事を書いてなかった気がするので今回書いちゃいましょう。

ELITE DIRETO
箱の中身はこんな感じです。
部品が少ないと思いますが、組み立てはめっちゃ簡単です。
分かりづらいかもしれませんが、箱自体は結構大きいです。
スプロケがすでについてますね。
修理に出した時にスプロケを外さずに送ったのですが、
新品交換後、こちらへ送っていただく前に付け替えていただいたようです。
きゅうべえ」さんで購入しました。ありがとうございます。

ELITE DIRETO
まず、三本の足をつけます。

ELITE DIRETO
足をつけるのはこちらのネジです。
長さが違うので気をつけましょう。
中央の足は短めの2本を使用します。
左右の足は長めのものを1本ずつ使用します。
6角レンチもついてます。

ELITE DIRETOスプロケをつけます。
今回はつけていただいていましたが、慣れていな居場合これが一番苦労しますね。
私のコンポはSORAですので9速です。
9速、10速用のスペーサーはついてますのでその場合は忘れずに。
カンパニョーロのコンポをご使用の場合は、パーツを付け替える必要がありますね。

スプロケの取り付けにはこちらを。

あと、できればグリスも塗っておいたほうがいいです。
取り外す時に固着して取り外すのに困ることがあります。

ELITE DIRETO
とりあえずはこれで完成(?)です。
ELITE DIRETO
あとは自転車と合体で。
付属のクイックリリースで。
ELITE DIRETO
完成です。
当分お休みしてましたが、Zwift再開です。
ちなみに騒音対策のため、私はブルカット2を使ってます。
ELITE DIRETOに使うには5つ必要なので結構な金額になります。

ダイレクトドライブ式のDIRETOはそこそこ静かだと思います。
価格も他の負荷付きダイレクトドライブ式に比べると少しだけ安いです。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする